ガーデニング感覚で自毛植毛「芽の出ない頭皮を咲かせる手術」

薄毛

方法の違い

男性

日本のクリックで受けることができる自毛植毛の手術はFUT法とFUE法が有名ですが、フラップ法や単一植毛法なども一部のクリックでは受けることができます。単一植毛法を受けることでしっかり頭皮に髪を定着させることはできますが、人によっては抜けてしまうこともあります。その成功率から考えると単一植毛法よりもFUT法やFUE法が成功する確率が高いのです。現在単一植毛法は外国では一般的に行われているのですが、日本にはあまり浸透していないのです。そこで、ここでは日本のクリックで高い実績のあるFUE法とFUT法を比較してみます。2つの手術を比較することによってわかることは移植する髪を取る方法に違いがあるのです。
通常FUT法を実施するときには、髪と地肌を切り取るためにメスを使います。メスで切り取った後の肌は糸で縫い合わせる必要があるので治るまでは跡が残っていることもあります。またメスを使う手術がイヤな人にはFUE法が最適です。この手術であれば、メスを利用せず髪を採取することができます。あその方法は髪を取るときに特殊なパンチと呼ばれる機械を利用して毛を採取するのです。この方法ならメスも利用しないので、傷跡を心配する必要もありません。一般的にパンチを利用したFUE法が断然良いと思われることもありますが、医師の腕が確かでなくてはパンチで毛根を痛めてしまうこともあるのです。そうなってしまうとせっかくの髪がムダになってしまうので気をつけなくてはいけないのです。またFUE法ではいっきに植毛することはできません。
メスを利用するFUT法であれば、広範囲を一度の植毛することも可能です。
このようにそれぞれの手術には特徴があるので、これを踏まえて自毛植毛の方法を選ぶことが大切なのです。
また自毛植毛はクリックによって仕上がりがことなる場合もあるので選び方には注意しましょう。